様式化への模索:人物_その1、横顔

人物

簡単に描くための小さな形を作りためる」っていうのがこのブログの目的ですが、これって、つまりは「様式化」ってことでしょ

ということに今日気づきました。私バカよね。

人物を様式化するのは難しくて、、というか良いバランスと良い形を見出すのが難しくて。記事が何回にもなりそうなので、今回は「その1」です。

横顔を多用する

古代エジプトの様式化された絵にならって、横顔を多用してみました。

手のバランスとかがまだうまくいかないんですが、うまくいくのが明日なのか半年後なのかもわかりませんが。

でも正面向きの人ばかり描いていたときよりも…なんか、絵の中の人と視線が合わないせいなのか(?)、わりと気持ちが滅入ることなく作業できました。ほんと私だめね。笑

ちなみに全身のバランスを精一杯やってみた結果です…。これってものがないですね。

可愛いか、あやしいか、アクがあるか、とにかく見て想像が膨らむ絵が理想

横顔のラインがきれいに描けないので、きれいに描けたやつをコピーして下絵に使えばいい。

そう思ってやってみたんですが。なんかガチガチな絵になりました。緊張したんかな?

描いたついでにストックに登録しようと思ってたのがだめなのかしら。

んん…

登録しましたけどね。

私は昔話の場面を絵にしたいと思っているので、まずはお姫様とか描けると楽しいよね…ってことで最初の様式化の題材に選んだのが、女性です。可愛いか、あやしいか、アクがあるか、とにかく何かないとだめですね。見ていても想像が膨らみませんね。

国際昔話話型カタログが動物昔話から始まっているのにもかかわらず、まずはお姫様とかです。人物です。想像を膨らませられる人物を描くのです!

頭の形はまんまるではない

下手な説明ですみません。絵を描いたので見てください。

今まで私は闇雲に丸を描いて頭としてきましたけど、横向きにしたときの違和感が半端なかったんですよ。絵だから、デフォルメだから、とか言って自分をごまかしていましたが、横顔を多用することにしたからには、この違和感は払拭しておかなければなりません。

で、ネットをウロウロしながら自分でもウロウロ考えて、こんな感じの、ごくあたりまえの答えに行き着いたわけです。

頭部は、上半分は全体に丸くていいけど、下半分は顎だけ。で、脳みそに向かって首がささってる(言い方が怖いけど)感じ。上半分と下半分を分けて考えると、横顔が描きやすくなりました。

どんなにデフォルメするとしても、このへん押さえておけば違和感は減るんだなと思いました。

この記事の上の方に出てる絵は、これわかった後に描いた絵です。それにしてはちょっとアレレな感じに下手ですけど。笑

たんに横顔を描きたくて描いた絵なのですが、意味がよくわかりませんね。

まとめ

今回は、横顔を自分なりに様式化しようという記事でした。

最近は横顔を描くことはほとんどなかった気がします。昔はよく描いてたんですけど…昔って、中学生くらいのときです。きれいな横顔のラインに憧れたりしたんでしょうね。

ちょっと大雑把ですけど、こんな感じにどんどん進めていきたいと思います。次の様式化の記事もがんばります。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました