Adobe Fresco「ベクターブラシ」の滑らかさを変更して試し描き

Adobe Fresco

Frescoブラシの試し描きです。

「ベクターブラシ」は、拡大してもギザギザしないのでよく使います。

でももっと便利なのは、illustratorにベクターデータとして取り込めることです。線としてではなくオブジェクトとしてではありますが、1ストロークごとに1オブジェクトになるので後々修正や加工に便利です。

「ベクターブラシ」

見た目はそれほど…な感じですが、滑らかさ100にすると反応が遅くなるので使いにくいかも。

一番下の「基本のテーパー(速度)」は、しゅっと早く描くとテーパーになり、ゆっくり描くと丸くなる感じです。

illustratorにベクターデータとして取り込める

ベクターブラシ(ベクターレイヤー上のもの)は、ベクターデータとしてillustratorに取り込むことができます。

スケッチ風の絵をillustratorに取り込んでベクターデータにする手順を書きました。ご参考になればうれしいです。

ツールボックス

「ベクターブラシ」のツールボックスはこんな感じです。

Adobe Fresco のベクターブラシツール

ベクターブラシはすべて無料で使えます。

タイトルとURLをコピーしました