Adobe Fresco のカラーに自作ライブラリを追加する方法(CCライブラリに色を追加)

Adobe Fresco

Adobe Fresco は面白いけど、カラーホイールやカラースライダーが苦手だから色がいまいちめんどい…

と思っていたんですが、デスクトップ版のIllustratorで「CCライブラリ」に色を登録してみたところ、Frescoで出てきました!色の順番も登録した順になっていますよ!

てことで、デスクトップ版IllustratorからCCライブラリへのカラーの登録方法をこの記事でご紹介します。(イラレしか持ってないので、イラレ限定ですみません。)

Frescoのデフォルトカラーライブラリ

Frescoのパレット

Frescoに限った話ではないんですが、私はカラーホイールやスライダーから色を拾うのが苦手です。ちっちゃな正方形のパレットから色を選ぶほうがずっと簡単。だからFrescoでもここから色を選んで使うんですが、用意されているのはこれだけです。もっとたくさん色が欲しい!

けど、Frescoから直接ここに色を追加してパレットを作ることは、現時点ではできないもよう…

ではどうすればいいのかというと、Adobeのデスクトップアプリから、Adobe CCライブラリにカラーを追加すればOK。CCライブラリに保存したものはAdobeのいろんなアプリで使いまわせます。

※FrescoはCCライブラリのカラーのみが使用できるようです。

Adobe Creative Cloud ライブラリ
Adobe Creative Cloud ライブラリを使用すれば、お気に入りのアセットをどこにいても使用することができます。Creative Cloud アプリケーションを使用してアセットを作成したら、他のデスクトップアプリケーションやモバイルアプリケーションから簡単にアクセスできるので、シームレスなクリエイティブワー...

追加したい色を用意する

パレットに追加したい色を用意します。画像を配置してそこからスポイトで拾う、または色見本からコードをコピペするなど、オブジェクトにその色をつけられればOKです。

私は一通りの色が欲しかったのでこちらの「トーン」と「無彩色」から色を拾わせていただきました。あと、肌色にイラレの「スキントーン」スウォッチを使いました。

色の基本用語!よく使われる色の言葉
色の基本用語事典として色の三原色など色彩の世界で使われている色に関する言葉を解説しています。

CCライブラリに色を追加する

CCライブラリに、パレット用ライブラリを用意する

次に、デスクトップ版Illustratorで、CCライブラリを開きます。

すでにライブラリを作っていてカラーを登録してある場合は、Frescoでそれが出てきていると思います。(私の場合、和柄のところにカラーを登録してあるのでそれが出てきています。隠したりできないのでちょっと煩わしいかもです…)

新規ライブラリを作成します。名前を入力して「作成」を押します。

なぜか日本語の入力ができないので、日本語の名前をつけたいときは別のところに打ったやつをコピペします。

ここでライブラリにつけた名前が、Frescoのパレットの名前になります。

Illustratorでオブジェクトを作り、追加したい色にする

Illustratorで適当にオブジェクトを作り、パレットに追加したい色にします。

色数がたくさんあるときは、全色分のオブジェクトを用意すると登録作業が少しラクだと思います。

イラレしか持ってないのでイラレで説明していますが、Adobeの他のデスクトップアプリでもCCライブラリへの色追加はできると思うので、必要に応じて調べてみてください。

オブジェクトを選択して、カラーを追加する

3色追加することにして、オブジェクトを3つ用意しました。ひとつを選択して、CCライブラリの下部にある「+」アイコンをクリックします。

メニューが出てくるので、カラーをクリックします。

オブジェクトを二つ以上選択しているとカラーの追加ができません。ひとつずつやります。

すると、色が追加されます。

3色追加してみました。

たくさん追加するときにはまとめてできるといいんですが、できないみたいです。クリック選択、クリック登録、を繰り返しましょう。

Frescoを開くと、ライブラリとカラーが表示される

色を追加し終えたら、Frescoを開いてみます。ライブラリが追加されています。

色も追加した順番に並んでいます。

カラーの履歴も便利

作業が進んで、いくつか色を使ったら、「使用した色」タブを開いてみましょう。使った色が履歴として残っています。パレットから同じ色を探すのが面倒なときは、ここから選ぶとラクです。

iPad版Illustratorでもパレットは開けるけど、順番は変えられてる

CCライブラリは他のAdobeアプリからでも使いまわせるので、iPad版Illustratorでも追加したパレットは開けます。でも色の並び順は変えられてしまっています。

私の「色たち」パレット、Frescoではこう↓ですが…

iPad版Illustrator↓では、よくわからない順番になっています。

無料アプリしか使いたくない場合

無料のアプリしか使いたくないっていう場合。無料のiPadアプリ「Adobe capture」からカラーパレットを追加する方法がこちらの記事で紹介されています。

Fresco実験 カラーパレットの作成|渡部|note
Adobe Frescoを使いこなす為に、小さいことからコツコツとやって行きます。 Frescoのパレット Frescoを使っていると決まった色を使いたい時があります。 定番の色はいつでも使える様にしておきたいですね。 でも、Frescoはまだパレットの作成が出来ません。 どうしたらいいかと調べていたら、...

まとめ

Adobe Fresco にパレット(スウォッチ)を追加する方法をご紹介しました。ただ、イラレやフォトショはお金がかかります。Frescoは無料でも十分使えるアプリだと思うので、Frescoから直接パレットを作れないのがもどかしいですね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました